ISO感度のオールナイトニッポン

ISO感度のだましうち!

ISO感度がビッグシティ東京で感じた事を語り、紡ぎ、一本の糸にし、それでセーターを編んでいくポカポカブログ!

【法的に検証してみた】仕事中に「やる気がないなら帰れ!」と言われて本当に帰った場合、その時間分の給料はもらえる?

f:id:onearth618:20210103160411j:plain

最近はめっきり少なくなったと思いますが、昔の体育会系の人にはいまだに怒り文句として「帰れ!」と怒鳴る人がいらっしゃいます。

自分が小学校の時地域のサッカークラブでサッカーをやっていた時も、厳しいコーチなんかが「お前もういいよ、帰れよ」と怒り、「帰りません!まだやらせて下さい!」と懇願するというのが一種の様式美でした。

今考えたら小学生相手に優越的地位を振りかざして絶対気持ちよくなってたんだろうなぁ、キメェなぁと思います。

 

少年サッカーならまだ「そんなこともあったなぁ」で済むんですが、これがお金の発生する仕事だったらどうでしょうか。

我々若い世代などは、体育会系を経験してない人なんかは「帰れ!」「帰りません!」という様式美(というよりもはやコント笑)が通じない人も多いと思います。本当に帰っちゃう人もいると思います。

じゃあ、仕事で上司から「やる気がないなら帰れ!」と言われて本当に帰った場合、その時間分の給料、つまりその日に本来働くはずだった残りの時間分の給料は請求できるんでしょうか。法的に検討したいと思います。(免責事項: 当方あくまで法律勉強中の身ですので、内容には間違い等入っている可能性があります。許してね)

 

結論から言いますと、請求できます

民法536条2項には、

債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなった時は、債権者は、反対給付の履行を拒むことができない。

 

とあります。民法の世界では危険負担と呼ばれるものです。

労働とは、労働者が使用者(会社など)に対して労務を提供し、それに対して使用者が報酬を与えるという一種の契約です。そして、債権者=使用者、債務者=労働者という関係になります。

 

まず、「債権者の責めに帰すべき事由によって」とは、「使用者に落ち度があるような理由によって」ということです。

ここではまさに、使用者、つまり上司から「やる気がないなら帰れ」と言われたこと、つまり使用者による正当な理由のない労務受領拒否によって就労不能となることです。「やる気がない奴が労働することなどワシは認めん」というのは到底正当な理由とは言えませんから、当然に使用者に帰責事由が認められます。

 

次に、「債務を履行することができなくなった時は」とありますが、これはまさに、労務を提供することが不能になってしまった場合です。

「工場が燃えて働けなくなった」といった物理的な履行不能から、「上司に帰れと言われた」と言った社会通念上の履行不能でも認められます。

 

そして、「債権者は、反対給付の履行を拒むことができない」とあります。労働者は使用者(=債権者)のせいで働けなくなっているのだから、反対給付、つまり労働の対価としての給料をもらう権利があるということです。

 

 

というわけで、仕事で上司に「やる気がないなら帰れ!」と言われた場合、素直に帰りましょう上司の正当事由のない命令によって労務提供が不可能になっているのですから、反対給付であるお給料は働かずとも入ってきます

さらに、「やる気がないなら二度と会社に来るな!」と言われた場合には最高です。正当事由の無い無期限自宅待機を命じられたことになり、あなたは二度と会社に行かなくても給料をもらえることになります。

しかも、この状態を解消して欲しければ、上司や会社が「あれは間違っていた。もう一度会社に来てくれないか」とあなたに頭を下げなければいけません。これは気持ちよくてたまらないでしょう。すかさず訴訟して、休んでいた間の給料と精神的ダメージを受けた分の損害賠償をせしめ取りましょう(ただし、会社から恨まれて呪われる可能性あり。要検証)。

 

それでは皆さんも、上司のパワハラに負けず、時には訴訟もちらつかせて、強く生きていきましょう。

科挙合格者の弊害

f:id:onearth618:20201215154223j:plain

中国では、王朝から科挙が実施されており、その競争は熾烈を極めた。科挙に及第することは、歴代中華帝国において低い出自から国務大臣級の地位を手にするほぼ唯一の手段だからである。受験者たちは、幼少の頃から科挙の試験科目(四書五経の暗記、詩作や歴史など)を頭に詰め込んだ。及第して官僚になった者たちは、科挙の試験科目に凝り固まって特権意識を振りかざし、民衆の生活に関わる事柄を軽んじた。これは歴代王朝において何度も問題になった。  

 

ja.wikipedia.org

 

なんかすごい寓話的な話だな笑 今の官僚にも言ってもぶっ刺さりそう笑

筋トレの効用について 千葉雅也氏のツイートより

f:id:onearth618:20201214102802j:plain

最近やみやみヤンキーモードで試験勉強も手につかず自分ってなんなんだ人生ってなんなんだとぐるぐるぐるぐるネガティブに考えていた自分だったが、昨日筋トレに行って割とどうでも良くなった。

この筋トレの効用については千葉雅也氏が一連のツイートをしていて、それがまさに自分の思っていることを言語化してくれているので、ここで紹介する。

筋トレは良い。やればやっただけ体作りの効果があるから、やれば必ず充実感を得られる。書き物が詰まって数時間過ごしてしまった後、筋トレをして、「有意義な時間」を改めて経験することで、新鮮な気持ちで原稿に戻れる。

 筋トレをすると、行動の人になる。とにかくやるだけなので、思考偏重になって行動が鈍ってる時に行動性を回復するのに役立つ。ただしそういう時は、筋トレに行くという行動を起こすのに気合が必要だけれど。 

思考あるいは潜在性に溺れた状態から、現実性を回復する。筋トレはそれを促してくれる。

 うーむ。必ず有意義な時間を過ごせる特権的な行為としての筋トレ。

ただ、なんかアイロニカルにも言えることがある気がするんだよね。筋トレって絶対損をしないわけですよ。絶対に損しないことをするということ。それはどういうことなのか……。 

筋トレとは、少なくとも集中してやっている間は反-思考であり、潜在性を干上がらせてただただ現実性を生きる行動の人になることだ、ということが、筋トレがもたらす良い効果の原理なのだと思う。

 

筋トレって、やれば成長するし、やらなければ退化する。そんな当たり前のことを再認識させてくれるんですよね。身体感覚としてそれがわかるっていうのが大きいんだと思います。

 

これ、スクショで保存していたので、いつのツイートかわかりません。ごめんなさい。

千葉雅也氏のアカウントはこちらです。

twitter.com

僕は中学生の頃から千葉雅也氏を知っていて、かれこれ6, 7年twitterを追っかけています。中三の時に図書館で読んだ『別の仕方で:ツイッター哲学(河出書房新社、2014年)』がめちゃくちゃ面白かったんですよね。

amzn.to

今でもtwitterを追っかけていて、自分の思考の土台となっています。

2020年を彩ったもの part1

f:id:onearth618:20201211170605p:image

2020年は大変な年だったが、自分にとっては趣味が広がった素敵な年でもあった。

中でも一番大きかったのが霜降り明星にハマったことだ。

オールナイトニッポン0をはじめ、だましうち、しもふりチューブ、霜降りバラエティ、霜降りミキXITなどなど、2020年のかなりの時間を霜降りの追っかけに費やした。ルミネで生でせいや粗品を見た時は感動した。

今までこれといった趣味がなかった自分だが、こんなにもハマるものを見つけることが出来て嬉しい。オンラインゲームなどと違って、霜降り明星が芸人として生き続ける限り半永久的に続けられる趣味だ。ファン界隈もあたたかいし、面白い人が多い。2人の歩みを人生の側に置いておけることがどれだけ励みになることか。2人が楽しい時は自分も嬉しいし、2人が大変な時は2人も大変なんだから自分も頑張ろうって背中を押される。芸人という過酷な世界で生きる人をこんなにも身近に感じられるのも凄いよなぁと思う。

これからも霜降りを推し続けたい。あと、せいやには自分を一番大切にして欲しい。仕事に貴重な才能を潰されないように。

スポットライト症候群

f:id:onearth618:20201208141404p:plain

スポットライト症候群。

スポットライト症候群(スポットライトしょうこうぐん)とは、舞台上でスポットライトを一身に浴びるように一度華々しく世間から注目を浴びてしまうと、引退後もその恍惚的な感覚を忘れることができず、「もう一度スポットライトの中に立ってみたい」という欲求に駆られる状態を指す日本の俗語。

週刊誌などで用いられる言葉であり、正式な精神医学・心理学の用語ではない。(wikipediaより)

 

ja.wikipedia.org

なかなか面白い言葉だなと思った。曲のタイトルでありそう。

 

そういえばボカロ曲で『過食性:アイドル症候群』って曲あったわ。

似たようなテーマで既に曲存在してたな。

www.nicovideo.jp

 

オードリーのラジオが面白い(今更)

f:id:onearth618:20201208105138j:plain



youtu.be


最近ずっと、YouTubeでオードリーのラジオの過去の切り抜きを聴いている。多分無断転載が多いんだろうけど、現状これ以外で聴く方法が無いので、radikoは早く公式でバックナンバーを聴けるようにしてほしい。

僕はオードリー、特に若林の魅力に虜になっている。

若い頃からひねくれたものの考え方をして、20代の間は全く売れない生活を送り、Mー1を転機に一気に大スターへとなった男。その内面を見事に描写する言語化力を武器に、世間、資本主義に対する疑問を痛快に皮肉する。

「風呂なしアパートを探していたときは自分で内見に行ってこいと鍵を投げられたけど、M-1決勝に出てからはコーヒーが出てくるようになった」

「今偏頭痛の治療をしてるけど、偏頭痛の薬って結構高い。売れてなかったら偏頭痛は治せなかった。金持ちにならないと病気を治すことすら許されない」

「売れる前は女にゴミを見るような目で見られていた」

などなど…

最近は結婚もしてすっかり落ち着いた感じだが、『社会人大学人見知り学部卒業見込』なんかを読むと、その尖りっぷりが存分に味わえる。

売れてない時期も売れてる時期も、見下された時期もチヤホヤされた時期も両方経験している若林だからこそ、資本主義の残酷さをリアルに感じ取っているし、自身の経験から語られることばには説得力がある。

売れない時代に溜めに溜めたコンプレックスがラジオで爆発する瞬間が最高に面白い。

自分も含め、何かコンプレックスを抱えているリスナーにはどこかに必ず刺さる場所、共感する場所があるはずだ。

日本でHIP HOPが流行らないのはダウンタウンのせい説

f:id:onearth618:20201201213451p:plain

 

この動画、めちゃくちゃ興味深かった。

端的に言うと、アメリカで成り上がりの手段として広まったHIP HOPだが、日本におけるそれがダウンタウンの登場により「お笑い」にすり替わったとのこと。その証拠に、日本では国民誰もが知っているラッパーというのはいないが、国民誰もが知っている芸人というのは存在する。実際、水曜日のダウンタウンが実施した古今東西知名度ランキングでは、1位タモリ、2位黒柳徹子、3位安倍晋三、4位ビートたけし、5位明石家さんまと、実に3/5を芸人が占めているのだ。

ダウンタウン、特に松本人志以前と以後でお笑いは分けられるとよく言われる。「オモロい奴はかっこいい」を作ったのは松本人志と言われていて、面白けりゃ根暗でもゴロツキでも何でもござれ。そして面白くさえあれば、マイク一本で天下を取れる。ダウンタウン、特に松本人志は、貧乏な家庭からお笑い一本でのし上がり、面白くて格好良くてモテモテでお金持ちの国民的スターとなった。まさにHIP HOPである。

この姿を見て当時の若者は憧れないわけがない。松本人志を見て育った世代は皆、マイク一本で天下を取るならHIP HOP、ではなく「お笑い」だっただろう。